曳山がはしる宿。

唐津神社の秋季大祭
「唐津くんち」。

勇壮な曳山の臨場感を、
目の前で味わえる
お宿です。

唐津くんちとは

唐津くんちは、唐津っ子の産土神である唐津神社の秋祭りです。御神幸に従う曳山は、文政2年(1819)から明治9年(1876)までの57年間に15台が次々と奉納されました。この曳山のうち、紺屋町の黒獅子は明治中期に損滅し14台が現存します。本来の秋祭りは唐津神社の縁起にあわせて旧暦9 月29日としていましたが、大正二年に10月29日に、昭和43年からは本殿祭のみ10月29日として宵曳山(よいやま)・御神幸・町廻り(まちまわり)を 11月2日から4日までの3日間でおこなっています。祭り期間中の人出は50万人を越えるともいわれ、「日本三大くんち」の一つに数えられています。また、昭和33年に佐賀県の重要有形民俗文化財に、昭和55年には国の重要無形民俗文化財に指定されました。

歌って覚えて、楽しむ

唐津くんちでは、14台の曳山が順番に並んで巡行します。次に来る曳山をすらすら順番どうりに言えるのは、生粋の唐津っ子か、かなり、「通」のくんちファンです。唐津の小さな子ども達ならみんな知っているこの歌であなたも是非覚えてくださいね。
♪十人のインディアンボーイのメロディにのせて歌います。
あかじし、あおじし、うらしまたろう。  よしつね、たいやま、ほうおうまる、ひりゅう。
きんじし、たけだ、うえすぎ、らいこう。  たまとり、しゃち、しちほうまる!!